マイホームを守るのは警備会社じゃない。自分自身だ、と感じた話

『安心感』が欲しくてセキュリティ業者と契約。

ホームセキュリティーと一言で言っても、業者にセキュリティーを頼むものから、自分自身で家の戸締りをしっかりする事もホームセキュリティーの中に入るものと思われます。

ここでは、業者に頼むホームセキュリティーで、一番気を付けている点に触れたいと思います。

セキュリティを業者(料金の安いアルソックなどが有名ですが、それ以外にも様々な警備会社、大手電力、ガス会社等のセキュリティーがあります。)に頼むと、家の安全は格段に上がります。

最初はセキュリティー会社に頼んだと言う事での安心感が一番大きいと思いました。

『安心』は徐々に『油断』に変わり…

ですが時間が経つにつれ、セキュリティー会社に頼んでいるのだから安全は「あたりまえ」と言う気持ちが大きくなってきました。

そして、逆に「セキュリティー」の為にいちいちマニュアル通りの対応が面倒と言う気持ちが大きくなってきました。

結局、「セキュリティー会社に頼んでいるのだから」安全だと思い、逆に戸締りに対して、あまり気にしないようになってしまいました。

セキュリティー会社へのアラームのスイッチを入れずに出かけたり、全部の戸締りの確認すらせずに、家を空ける事すら日常となってしまいました。

警備会社だけでは守れない。最後は自分自身の心がけ

そして、ある日、見事に窓ガラスを割られ、リビングを物色した跡。

そうです、セキュリティー会社に入っているからと安心しきって、マニュアル通りに対応しない私達のような人を専門に空き巣に入る泥棒がいる事知らされた一件でした。

教訓として、「セキュリティーは自ら心がけなければいけない」と思い至るのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする